>

災害に備えてインテリアを見直そう

身近な防災はインテリアから!

災害時一番危険なのはキッチン?キッチンの防災について

食器棚には転倒防止とフックが必要

キッチンは災害時かなり危険な場所です。狭いスペースに効率的に物が置けるように頭上に収納があり、収納されているのが陶器やガラス製の食器、刃物である包丁や重量物である鍋やフライパンです。これらが飛び出して頭上から落下した場合、直撃すればけがを、直撃しなくても床が刃物やガラス片だらけになって大変危険です。これらの事を踏まえてキッチンの防災はしっかりと行いましょう。

しっかりと対策を取らなければならないのは、食器棚と頭上にある収納です。
まず食器棚は中に食器が入っている為かなりの重量ですから、必ず転倒防止器具で固定しましょう、そして食器棚と収納に施さなければならないのは地震などの揺れで収納扉が開かないようにするフックの設置です。

また食器や調理器具の配置は重量物を低い位置に収納する事だけでも安全性が高まります。

冷蔵庫や電子レンジにも転倒の対策を!

キッチンで食器棚や収納の次に危険なのは冷蔵庫です。まず冷蔵庫の配置は冷蔵庫が倒れてしまった時、通路や出入口をふさがない場所に配置しましょう。
冷蔵庫の転倒防止は重量がある大型冷蔵庫では市販の転倒防止器具では固定が難しい事もあるので、メーカーが販売している専用の転倒防止器具を使って固定しましょう。

キッチンで冷蔵庫の次に固定しておくべきモノは、電子レンジとトースターです。
激しい横揺れ場合には電子レンジとトースターは横に飛んでくるという事例も報告されています。
ただ電子レンジもトースターも調理器具で熱の問題があるため通常の固定器具の使用は難しいので、揺れを吸収してくれる耐震マットを下に引く対策で横滑りの防止を行いましょう。


このコラムをシェアする